赤ちゃんヒアリング - Baby Hearing -

 
| いいもの天国トップ |

突然、海外勤務になりそうな方、しょっちゅう会社で外国人と接しても会話できなくてくやしい方、英語学科の学生の方、忙しくて英会話スクールなど通えない人のために、通勤や通学電車の中で、しかも短期間で、英会話ヒアリングをマスターをする方法や便利ツールを徹底追求します。

 
 もくじ
英会話CDから携帯にコピーする方法
聞き流すだけの「スピードラーニング」法
英会話上達しない理由がある
■通勤、通学でヒアリング(本頁)
携帯に便利なツール比較
外国人と生の英会話レッスン
 
 
PR
通勤や通学の時間に英会話をマスターをする方法

通勤電車でヒアリング
通勤電車で英会話ヒアリングを  あなたは、ラジオのDJで有名な小林克也さんの、英会話習得法を聞いたことがあるかもしれません。(ニッポン放送「小林克也はっぴぃウィークエンド」)

 1941年生まれですから、彼が英語を学んだのは、英会話の学校も、教材なども全くない、終戦直後のことになります。

 小林さんは、高校時代、大好きなプレスリーのロックンロール(今のロック)を、1日に2〜3時間、ラジオで聞きながら、そして、映画館で何回も何回も(昔の映画館は何回りでも料金は同じ)同じ映画を見ながら覚えたのです。

 日本にいながら、独学で、しかも、外人と一度も話したことがないのに、ネイティブ英語を話せるようになったのです。うそのようなホントの話ですが、よくよく調べてみれば、何故かわかります。

 さて次は、英会話の教材の社長さんの言葉です。

 彼は、あらゆる学習法を試しました。テレビ・ラジオの講座、そして英会話学校にも通いましたが、いざ外国人を目の前にすると、まったく意味が通じなかったそうです。

 もう、自分には無理なのか…。勉強嫌いで飽きっぽい彼は、何とか自分でも続けられる方法はないものか、何かをしながら聞けるものを、と考えて、英語の後に日本語訳を入れたテープを作り、いつも携帯し聞き流し続けたのです。

 そうして3ヵ月もした頃でしょうか。外国人に話しかけられたとき、 突然英語が口から出てきたそうです。

 英語がはっきりと聞き取れ、しかも自然に英語で対応していました。そのときです。英語は聞くだけで話せるようになると確信したそうです。

 これは、「スピードラーニング」の開発者であり、株式会社エスプリラインの大谷社長のはなしです。

 さて次は、参考までに私のことです。

 私も、大谷社長と同様、大学時代から、あらゆる学習法を試しました。テレビやラジオの講座はもちろん、数人グループでの英会話教室にも通いましたが、まず、相手の話が聞き取れないのです。これでは、会話が成立しません。

 そこで、私は、寝る前の30分間そして、通勤の車の中で、ラジオのFEN放送(810 on your Dial!)をつけっぱなしで聞きました。流れてくるのは、おもに音楽番組や、ニュースや、短いドラマですが、ある時突然のように、聞き取ることが出来るようになったのです。(もちろん私の場合は、完全ではありませんが。)

 そして、40才の時、試しに英検2級を受けてみました。そしたら、1発で合格したのです。英検2級は、あまりにもやさしいと感じたものです。また、英検自体が会話中心でないと感じ、その後は受けていません。(その後、TOEFLTOEIC の時代となりました。)

 英検2級なんて、1級の人から見れば、幼稚園レベルかも知れませんが、40才の時に合格したのは自慢してもいいと思っています。そして、外人と話せるのは、ある自信から来ることに気づきました。これは後で話します。

 以上3人の体験から共通点として浮かんでくるのは、赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じ原理です。赤ちゃんが言葉を身につけるように、まずは英語を「音」としてとらえ、聞き流しているうちに自然に話せるようになれたのです。

 赤ちゃんが、耳から言葉をとらえていくプロセスを見ますと、先入観や固定概念、潜在意識や常識といった、一切のものがありません。これがヒアリングでは、きわめて大切だと思います。

(英会話の初心者の場合、聞き取ろうとする意識があまりに強すぎるため、かえって、聞き取れないことが起きます。)

通学電車の中でヒアリング
通勤電車の中で英会話ヒアリングを  通勤や通学電車の中で、ヒアリングする時、文法や単語は一切気にかけず、(赤ちゃんのように、)素直に、無心に聞くことが重要です。あるシーン、あるシチュエーションを、まとまったフレーズのまま記憶してしまうのがよいと思います。

 こうすることで、ある時、同じ場面に出会ったとき、そのフレーズがそのまま、突然口から出てくると思われるのです。

 こういったヒアリングの練習は、毎日の生活の一部に、組み込んでいかないと、なかなか時間が取れないものです。忙しくて英会話スクールなどに、通えない人が時間をうまく取れるのは、やはり、通勤電車や通勤の車の中の30〜60分です。

 ヒアリングをマスターするには、生活習慣の中に、その方法を、自然と組み込んでしまうのが良いのではないでしょうか。もしその通勤電車でヒアリングの習慣を、3ヶ月も続けられれば、ある日突然、喜びの出来事が起きる日が来るのではないでしょうか。

 それでは、自分で作ってもいいのですが、携帯に便利なツールを紹介してみます。次ページへ続く


Copyright (C) 2006- by Leo planet Inc | 運営会社  |  免責事項・お問い合わせ